主要大会の結果
平成28年度東京都ジュニア柔道体重別選手権大会
(兼、JOCジュニアオリンピックカップ平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 東京都予選会)

平成28年7月10日(日)9時00分開会式
於 東京武道館
 (足立区綾瀬 3-20-1)

大会要項はこちら

結果(女子)はこちら
結果(男子)はこちら



(Acrobat Readerが必要です。)  

本大会は、2016年中に15歳から〜20歳になる、それぞれの加盟団体から選抜された選手による大会である。出場者は、男女8階級ずつで、のべ613名。各階級によって上位3名〜5名が、全日本ジュニア選手権大会の切符を手にする。出場選手が多い階級は、60名にも達し、上位選手にとっては、かなりハードな一日である。例外なく、正々堂々とした試合が繰り広げられ、模範的な試合が多かったように見受けられた。ただ、人数の少ない階級は、9時の開会式に始まって、第一試合が15時30分になるなど、選手のストレスを考えると、試合進行に関しては、一考の余地があるように思える。また、試合開始当初は、整然と進められたが、後半になると、場内は大きな熱気に包まれていったが、中には、試合進行中に大きな声で指示を出し続ける監督、コーチが散見されるなど、反省点も見受けられた。代表になった選手の全日本ジュニアでの大健闘を期待する。(都柔連広報副委員長 内山雅人)